松阪地区在宅栄養研究会解散のお知らせ

 

 

松阪地区在宅栄養研究会は2009年、松阪地区の在宅医療従事者それぞれが連携して在宅栄養を管理するチームを結成することを目的に、在宅栄養療法を根本から見直し、病院からの退院患者の栄養指導、在宅褥瘡発症予防、PEGを含めた在宅栄養患者の栄養サポートなどに真摯に取り組み、病院NSTと連携して地域一体型NSTを構築することを使命として発足しました。

 

2009年2月20日に開催された第1回研究会から、2016年3月11日に開催された第11回研究会まで約8年間に11回の研究会を開催することができ、数多くの知見と多職種連携の機会を提供することができたものと思います。

 

一方で松阪地区においても地域連携に関しては、さまざまな取り組みが活発に行われるようになりまた2016年3月以降、開催の要望もないことから、松阪地区在宅栄養研究会はその役割を終える時が来たものと考えます。

 

松阪地区在宅栄養研究会は世話人・幹事会の採択により2020年3月末日をもって発展的に解散することとなりましたことをご報告申し上げます。

 

長年、世話人をお引き受けいただいた済生会松阪総合病院及び各幹事の皆さま、参加者の皆さまに、心より感謝申し上げます。

 

 

2020年3月末日

 

松阪地区在宅栄養研究会 

代表世話人 鮒田昌貴

 

余剰金寄付に関する件

 

余剰金約34万円に関しては松阪市に寄付させていただきましたのでご報告申し上げます。

先般、令和2年4月30日午後1時15分、市長室を鮒田昌貴会長が訪問し、竹上真人市長に寄付金を手渡してまいりました。

竹上市長には「在宅関係のことで立ち上げた会なので、在宅に関わることに協力させていただきたい」とお話をさせていただき、竹上市長からは8月に発行するエンディングノートの制作費に充てたい旨をお話いただきました。

また竹上市長からは「松阪地区在宅栄養研究会は世の中の先駆けとなる活動だった」と評価していただきました。本件は朝日新聞、中日新聞、夕刊三重にて報道していただきました。

これまでご参加、ご支援をいただきましたすべての方々に心より感謝申し上げます。