第2回 松阪地区在宅栄養研究会

参加者144名でした。今回は松阪市長山中光茂様がご挨拶にきていただきました。またその時のことは山中市長のブログでもご紹介いただいております。ありがとうございました。

日時: 2009年9月18日(金曜日)19:00~21:00

場所: 松阪コミュ二ティ文化センター 中ホール

三重県松阪市川井町字上大坪690番地TEL:0598-23-2111

 

情報提供 19:00~19:15           

TPN製剤について  (株)大塚製薬工場

 

開会の辞             

ふなだ外科内科クリニック 院長   鮒田 昌貴 先生

 

第一部 :一般演題 19:20~20:30  
司会 松阪市民病院 内科科長 駒田文彦先生

 

一般演題  1  

『 栄養改善に難渋した胃全摘及び腸重積術後の一例 』

済生会松阪総合病院NST 管理栄養課   加藤 はつ美 先生

 

一般演題  2  

『 誤嚥性肺炎を反復した脳梗塞後遺症の一例 』

松阪市民病院   内科 科長  駒田 文彦 先生

 

一般演題  3  

『 誤嚥性肺炎で入退院をくり返し、下痢を頻回に認め、経管栄養の投与方法を変えて落ち着いた症例 』

在宅医療クリニック ゆめ  院長  木田 英也 先生

 

一般演題  4  

『 経管栄養者の病院と連携における課題~在宅での現状 』

松阪地区医師会 訪問看護ステーション 看護師 小田 美子 先生

 

第二部 :パネルディスカッション 20:30~21:00

司会 :松阪市民病院    内科科長  駒田 文彦 先生

    済生会松阪総合病院 内科部長  橋本 章 先生

 

次回当番世話人挨拶

松阪中央総合病院 胃腸科部長   小林一彦 先生

 

閉会の辞                

ふなだ外科内科クリニック 院長    鮒田 昌貴 先生

第2回 松阪地区在宅栄養研究会抄録
NO2.pdf
PDFファイル 462.7 KB