第3回 松阪地区在宅栄養研究会

参加者は192名でした。今回は「嚥下」をテーマとした為に歯科医師の先生方に多くご参加いただきました。ありがとうございました。

 

日時:2010年1月29日(金曜日)19 : 00~ 21 : 00
場所:松阪中央総合病院  2階 多目的ホール

三重県松阪市川井町字小望102
TEL 0598-21-5252 (代表)

 

情報提供 19 : 00~ 19 : 10

「 リフレケアについて 」   イーエヌ大塚製薬株式会社

 

開会の辞:ふなだ外科内科クリニック院長 鮒田 昌貴 先生
司会:松阪中央総合病院 胃腸科部長 小林 一彦 先生

 

一般演題 19:15~ 19:55

『 アンケート報告 』
松阪中央総合病院  NST・栄養管理科  石田 友子先生

 

『 松阪地区在宅栄養サマリーについて 』
松阪市民病院  内科科長  駒田文彦 先生

 

『 院内チーム連携が自宅退院に繋がった一症例
~大動脈解離術後嚥下障害を呈した患者を通して~ 』
松阪中央総合病院  NST・SST・リハビリテーション科  青木 佑介 先生

 

『 本院での口腔ケア活動と誤嚥性肺炎患者における口腔ケアの評価 』
済生会松阪総合病院  歯科口腔外科・NST  佐藤 耕一先生

特別講演 19:55~ 20:55

 

『 高齢者の嚥下・口腔ケアを考える 』

~快適で心地よい嚥下・口腔ケアを目指して~
松阪中央総合病院 リハビリテーション科 部長 太田喜久夫 先生

歯科衛生士  近田 紀子 先生

 

次回当番世話人挨拶:済生会松阪総合病院 内科部長 清水 敦哉先生

閉会の辞:ふなだ外科内科クリニック 院長 鮒田 昌貴 先生

   

※この研究会は日本医師会・日本歯科医師会・三重県病院薬剤師会の生涯教育認定講座です。

 

第3回 松阪地区在宅栄養研究会抄録
NO3.pdf
PDFファイル 156.1 KB

資料『 アンケート報告 』
松阪中央総合病院  NST・栄養管理科  石田 友子先生

001.pdf
PDFファイル 738.2 KB

資料『 院内チーム連携が自宅退院に繋がった一症例
~大動脈解離術後嚥下障害を呈した患者を通して~ 』
松阪中央総合病院  NST・SST・リハビリテーション科  青木 佑介 先生

002.pdf
PDFファイル 3.2 MB